キャッシングすると信用情報に載る? - キャッシングの不安、解決します

キャッシングすると信用情報に載る?

キャッシングを利用すると、信用情報が載るという話を聞いて、不安に思っていませんか?
これは何か、本当に載るのか、載ったとしてどんな問題があるのか、簡単にご紹介しましょう。

まず信用情報とは、借入の利用歴のことです。
キャッシングを始め、その他のローンやクレジットカードの利用も、信用情報として利用歴が記録されます。
つまり、「キャッシングすると信用情報が載る」という話は事実です。
借入した方は、どなたでもこの記録を持っています。
記録されるのは専用の情報機関です。
手数料を払えば個人でも信用情報の確認はできますから、記録が載ったかどうか不安な方は、自分で記録の有無や内容を確かめるといいでしょう。

この記録が載ったとして、どんな影響があるのでしょうか?
これは、主に借入審査に影響します。
過去の借入の利用に問題が見られると、審査に落とされます。
借入でいう「問題」とは、たとえば「滞納」ですね。
以前に滞納をした方は、今回もやるだろうと判断され、新規借入審査で落とされることがほとんどです。

このように、信用情報の内容によっては、次回からの借入審査に通りにくくなるという影響があります。
しかし、信用情報があること自体は、特に問題ありません。
仮にキャッシングしてその記録が残っても、キャッシングの利用状態が健全であり、遅延なく返済できたら、影響は特にありません。
キャッシングやクレジットカードを使う方は多いですから、何らかの借入歴が信用情報として残っている方はかなり多いです。
肝心なのは記録内容の方ですから、記録が残ること自体はあまり心配しなくて大丈夫。
次回の借入審査への影響が気になる方は、健全に利用することを心がけてください。