キャッシングするとローン審査に影響する? - キャッシングの不安、解決します

キャッシングの不安、解決します > ローン審査に影響する?

キャッシングするとローン審査に影響する?

キャッシングすると、他のローン審査を受けたとき、審査に通りにくくなるといった影響は出るでしょうか?
結論から言うと、出ることが多いです。
といいますのも、借入審査では返済力をチェックされているのですが、この返済力は今ある借入残高も含められます。
年収500万円の方に100万円の借入があったら、それを含めて年収400万円程度で審査されるようなイメージです。

キャッシングは手軽に使えるサービスですが、これも借入なのは間違いありません
ローン審査時にも申告が必要な「現在の他社借入」にキャッシングも含まれますので、これの利用があればそれだけ影響が出ます。
キャッシング残高が大きいほど、新規審査には通りにくくなるでしょう。

ただ、絶対ではありません。
キャッシングの影響がほとんど出ないケースも、もちろんあります。
たとえば、すでにキャッシングの利用分を完済しており、現在は利用がない状態です。
キャッシングの影響は、あくまで今借りている残高があるときに出ます。
過去の借入残高などは影響しませんのでご安心ください。
ただし、そのときに滞納などしていると、その記録が原因で審査に落ちることはあります。
過去のキャッシングについて、滞納歴の有無にだけはご注意ください。

仮にキャッシングの利用分が残っていても、これから借りようとする新規ローンが少額借入だったりすると、影響はやはり軽いです。
たくさん借りようとするほど、高い返済力が必要です。
しかし借入希望額が小さければ、返済力も小さくてOK。
このときはまだ残っているキャッシング利用分を含めても、残りの返済力で借りれることが多いのです。
以上のように例外はありますが、キャッシングを利用すると新規借入には原則影響が出ます。