キャッシングでありえるリスク - キャッシングの不安、解決します

キャッシングの不安、解決します > キャッシングでありえるリスク

キャッシングでありえるリスク

キャッシングも借金になりますので、リスクもあります。
どんなリスクがあるのか分かっていた方が安心ですよね。

まずあるのは、出費が増えるリスクです。
借金につきものなのは、「利息」ですね。
キャッシングも、借入残高と金利に応じた利息が必要です。
この利息を含めて借入計画を立てていても、思わぬ出費が増えることがあります。
たとえば、返済が遅れたとき。
このときには遅延日数に応じて、専用の遅延金が必要です。
通常利息より高いのが普通ですから、それだけ当初の予定より出費が増えます。

また、「手数料」で出費が増えることもあります。
キャッシングにありがちなのは、「ATM手数料」ですね。
コンビニATMなどで返済すると手数料が要るキャッシングも多いです。
これを見落としていると、借入・返済のたびに手数料がかかり、長い目でみれば思わぬ出費となります。
このように、キャッシングを利用すること自体に何かと出費がかかるリスクがあります。
これも含め、余裕を持った借入計画を立てるといいでしょう。

この他にあり得るのは「破産するリスク」ですね。
キャッシングが借金になる以上、一度借りたお金は絶対に返済が必要です。
滞納を続けていても、うやむやになることはありません。
キャッシング残高を返済せずに放置すると、遅延金でドンドン残高が膨らみ、返しきれない金額になることもあります。
このときは、もう破産するしかありませんね。
手軽に使えるキャッシングでも、使い方や成り行きによっては破産に繋がることもあり得ることは、知っておくといいでしょう。

キャッシングには以上のようなリスクがあります。
これを含めて利用計画を立てましょう。